サン・フランチェスコ教会(Chiesa di Sant'Agostino)

Chiesa di San Francesco
14本の8角形の柱が爽然と並ぶ内部

Chiesa di San Francesco
向かって右側の身廊のフレスコ画。1つ1つが興味深い

Chiesa di San Francesco
中央の身廊上部の聖人たちの図。ステンドグラスとの組み合わせも美しい

隣接する修道院とともに1230年から1240年にかけてフランシスコ会の創設者として知られるアッシジのフランチェスコの死後(1226年)すぐに創建されたフランシスコ会派の教会です。

1207年にアッシジのフランチェスコが回心をし彼の家族のもとを去り、出家をしてはじめに訪れたのがグッビオだと言われています。グッビオでの彼の親しい友人であったスパダロンガ家にもてなしを受け、かくまわれていたのですが、このスパダロンガの家があったのがこのサン・フランチェスコ教会のある場所でした。

教会はグッビオでは唯一のゴシック様式の三身廊で、8角形の鐘楼は15世紀に造られたものです。アプシス(後陣部)中央は13世紀終わりごろに描かれたウンブリア派の画家による”祝福を受けるキリストと4人の聖人”が、右側のアプシスには14世紀初頭に描かれた”6人の聖人”図や”フランチェスコの回心”、”落ち行くラテラーノの夢”など、作者不明ではあるが見ごたえのあるフレスコ画か多くあります。

左側のアプシスは15世紀にグッビオの画家、オッタビアーノ・ネッリによって描かれた”聖母伝が見られ、グッビオの国際ゴシック派の絵画における大作の1つとなっています。

マルケ州在住 Hayashi Yukiko
サン・フランチェスコ教会、在住者からのアドバイス

アッシジのフランチェスコのゆかりの地でもあるグッビオ。この教会はバス停でもあるクワランタ・マルティーリ広場にあるので町のシンボルのような教会です。グッビオの民に恐れられたと言われている狼を改心させたという話は有名で、その様子を表したブロンズ彫刻も教会外に見られ、興味深いモニュメントの1つです。

日本人アテンド
ウルビーノやグッビオなどマルケ州周辺の都市をご案内いたします。知られていない美しい町を日本語で通訳アテンドします。スーパーや市場のショッピング通訳、市内散策、バス観光のお供など便利で楽しい滞在をお手伝いします。(林:hayashi-marche@amoitalia.com

マルケ州・カーイ在住:Yukiko Hayashiスタッフスタッフ一覧を見る

施設名 サン・フランチェスコ教会(Chiesa di San Francesco)
住所 Piazza Quaranta Martiri, 06024 Gubbio , イタリア
開館時間 8:00〜12:00/15:00〜18:30
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM