Grottaglie

グロッターリエ(Grottaglie)について

Grottaglie
グロッターリエ名物”プーモ”は陶器でできた幸運を招くチャーム。歴史的市街区を歩いているとどのお宅も思い思いのプーモをバルコニーに飾っている様子が見られます。

Grottaglie
もう1つの名物”プーペ”。液体を入れる陶器製の容器で片面は男性、もう片面は女性というデザインが特徴です。

Grottaglie
様々な陶器が並ぶ工房内でお気に入りの一品を見つけてみて! 小さなスペースに所狭しと作品を並べている工房も多いので、誤って倒してしまったりすることのないよう、気をつけて買い物をお楽しみください。

Grottaglie
作業場を開放している工房も多いので運がよければ作業風景を見られることも。仕事風景や商品を撮影したい場合は、写真OKかどうか一言聞いてからにしましょうね。

Grottaglie
町中のレストランも内部をグロッターリエ産の陶器で飾った店が多いです。もちろん使われている食器もグロッターリエ産。

陶器と洞窟の町、グロッターリエ

グロッターリエ(Grottaglie)は”grotta:洞窟”から派生した名からも分かるように洞窟が多い町として知られています。
そして何と言っても有名なのが代々伝えられた職人の伝統的手仕事で作られる陶器。町に一歩足を踏み入れるとそこかしこに工房が並び、案内表示や表札なども陶器でできています。
プーリア内でも”陶器といえばグロッターリエ”と言われるほど有名。その素朴で温かみのある色合いやデザインはプーリア内外問わず人気で、海外に輸出している工房もあるほどです。


大きな地図で見る

陶器でできた2つの名物、”プーモ”と”プーペ”

プーモ(pumo)はアーティチョークのような形をした陶器製のラッキーチャーム。通常バルコニーに2つセットで飾られるのでプーミ(pumi)と複数形で呼ばれます。様々な色や模様で各家庭のバルコニーを美しく彩るプーミを眺めながらの散策はグロッターリエならでは。
一方プーペ(pupe)は液体を入れる陶器製の容器で片面は男性、もう片面は女性というデザインが特徴。その理由は”昔々、この地方では結婚初夜に新婦を領主に貸す決まりがありました。しかしそれを嫌がったある新郎は女装し、新婦に化けて領主の元へ出かけました。しかし髭をそり忘れたためにバレてしまいました”という伝説に由来します。

町の中心はレジーナ・マルゲリータ広場

町の中心はレジーナ・マルゲリータ広場(Piazza Regina Margherita)です。周辺には地元の人々も通うバールや食事処も多くありますので時分時にお店を探したり、待ち合わせ場所としても便利。

残念ながらグロッターリエの歴史的市街区は車両侵入禁止となっておらず、車が頻繁に来ますのでお気をつけください。車でお出かけになる場合は歴史的市街区のすぐ外に無料駐車場がありますのでそちらに停車するのがオススメ。細く入り組んだ道と人の多い歴史的市街区内の運転は大変神経を使いますし、それほど大きな町ではないのでのんびり徒歩で観光する方が楽しめますよ!

グロッターリエは州都バーリから直通電車で1時間半!

グロッターリエ(Grottaglie)駅はバーリ中央駅(Bari Centrale)からFS線の直通電車で約1時間半! 直通電車は平日は2本出ています。その他の便はターラント(Taranto)もしくはブリンディシ(Brindisi)乗り換えで約2時間。ただし、日祝日は便数が大幅減となったり、一部バス便へ振り替えとなったりしますので事前に行き帰りの運行スケジュールを調べることをオススメします。また、グロッターリエ駅は券売所がありませんので、出発時に帰りの乗車券も購入しておくようにしてください。
駅のあるスタツィオーネ通り(Via Stazione)からパルティジャーニ・カドゥーティ通り(Via Partigiani Caduti)に出た後、徒歩10分ほど直進すると歴史的市街区に着きます。

【マルティーナ・フランカ在住:内山 奈美】

マルティーナ・フランカ在住:内山 奈美
グロッターリエのここがお勧め!

グロッターリエはバーリから列車で1時間半と少し時間がかかりますが、なかなか興味深い町です。マテーラやアルベロベッロと一緒に南イタリアを堪能したい人にお勧めします!

マルティーナ・フランカ在住:内山 奈美スタッフスタッフ一覧を見る

alberobello taxi
南イタリアの「運転手付き専用車」を予約いたします

貸切チャーターの車で、バーリ、マテーラ、アルベロベッロなどを安全に効率よく移動できます。渡航前に予約して現地で安心・快適に旅しましょう。
駅からホテルへの送迎、日本人ガイドも同伴可能です。
> アルベロベッロ、バーリ周辺のタクシー&ハイヤー予約





Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM