ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ(Le Strade Nuove e i Palazzi dei Rolli )

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ユネスコ世界遺産に登録されたストラーデ・ヌォーヴェの中でも、一般公開されている主要な美術館などが立ち並ぶガリバルディ通りは、必見です。時間があったら、お好みの美術館の内部も見学してみましょう。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ガリバルディ通りでひときわ目立って、華やかさな印象を与えるのは、その名の通りに赤い色の建物のパラッツォ・ロッソ(赤の宮殿)。内部の美術館の調度品も豪奢です。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
パラッツォ・ロッソ向かいに位置するパラッツォ・トゥルスィ(トゥルスィ邸)は、現在ジェノヴァ市庁舎になっていますが、美術館としても一般公開されています。ジェノヴァ出身のヴァイオリン奏者で作曲家であるニコロ・パガニーニのヴァイオリンこちらで展示されています。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ガリバルディ通りの始め(終わり)に位置するパラッツォ・ビアンコ(白の宮殿)は、主にイタリア人画家、フラマン人画家の絵画作品中心に展示されている美術館となっています。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ガリバルディ通りに位置し、ある銀行が入った建物エントランスのフレスコ画。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ガリバルディ通りに位置し、主にオフィス・事務所が入っている建物のエレガントなエントランス。レセプションの方が座っている場合もあります。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ガリバルディ通りに位置し、一般住居やオフィスが入る建物のエントランスより。光りが入る明るい中庭が見えます。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
エレガントなローマ通りに位置し、コルヴェット広場(Piazza Corvetto)に面するドリア/アントニオ邸は、現在、ジェノヴァ県庁舎として使用されています。

ジェノヴァ、ストラーデ・ヌオーヴェ
ジェノヴァの陸の玄関、プリンチペ駅からまっすぐ伸びるバルビ通り(Via Balbi)通り中ほどに位置するパラッツォ・レアーレ(王宮)。駅から近いので、時間がない時や乗り継ぎ電車の待ち時間などにも、庭園だけは見学されることをおススメします。

お勧め度:5星

2006年7月13日よりユネスコ世界遺産に登録されたジェノヴァの見所スポットです。華やかな記念碑的ガリバルディ通りは、16世紀後半から17世紀前半のストラーデ・ヌオーヴェ(「新しい通り」の意)の中でも、特に一般公開されている美術館が複数位置している通りになりますので、必見です!


ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリとは?

「ストラーデ・ヌオーヴェ」は、16世紀、ジェノヴァ共和国が要職にあるお客様を迎えた際に、もてなすように指定した、ジェノヴェーゼ貴族の中でもより財力と権力を備えた者たちの豪奢な私邸が主に並んだ通りのことです。また、彼らの邸宅をまとめて「パラッツィ・デイ・ロッリ(ロッリの邸宅群)」と呼び、この要人もてなしの様式を「パラッツィ・デイ・ロッリのシステム」と言います。「Rolli(ロッリ)」という言葉は、「Rottoli(ロットリ)/筒状に巻かれたドキュメントで現存する建物に関する記録が記載されているものの名称」からきていて、要人のおもてなしの命を受けた貴族の私邸宅についても、このドキュメントに記載されていたことから、「パラッツィ・デイ・ロッリ(ロッリの邸宅群)」と呼ばれていると見られます。

施設と共に都市開発計画した例としては、ヨーロッパ初!

公的な権限によって計画され、その役割を割り当てられ、上院議会の通達を基本に、私邸宅を公的な歓待に用いる独特なシステムに結びついた唯一の例として紹介されています。その歴史的かつ美しい建築様式もさることながら、このような点もユネスコ世界遺産に登録されたポイントになるようです。また、この都市計画のモデルの影響は、後のイタリア及びヨーロッパ文学によっても明らかにされています。

パラッツィ・デイ・ロッリの建築的特徴

ルネッサンス様式とバロック様式のものを一緒に含め「ストラーデ・ヌォーヴェ(複数の新しい通り)」と呼ばれていますが、現在のガリバルディ通り(Via Garibaldi)に立ち並んでいる、より大きい邸宅群が位置する場所は、16世紀後半に貴族の居住地域として形成されました。一般的に3−4階建ての建物は、比較的限られたスペースにおいて、段々に造られた庭園、それに直面する華やかな大階段、中庭、柱廊が特徴的です。

有名なアーティストたちをジェノヴァに惹き付けたロッリのシステム

これらの邸宅は、大きさや美しさによって3段階に区分されていますが、客人の高位により、くじでどの邸宅でもてなされるかが割り振られていました。第1のレベルでは、枢機卿(カトリック教会で教皇に最も近い身分の人たち)・各君主・副王・植民地総督を、第2のレベルでは、封建領主や長官を、第3のレベルでは、下位の君主や大使、使節を受け入れ、歓待することが義務付けられていました。これらのもてなしを受けた客人たちが、地元に戻って「パラッツィ・デイ・ロッリ」の建築様式や文化について語ったことにより、有名なアーティストや旅行家たちは魅了され、自己の技量を提供するためにジェノヴァにやって来るようになりました。その重要な証拠の一つが、ここに残されていて、パラッツォ・ビアンコ(Palazzo Bianco/白い宮殿)で鑑賞できるピーター・ポール・ルーベンスの絵画コレクションなどになります。

有名どころを含めて42の建物がロッリに登録されてます!

パラッツィ・デイ・ロッリに指定されているものとして有名なものは、ガリバルディ通り(Via Garibaldi)に集中していますが、北西端はプリンチペ駅から伸びるバルビ通り(Via Balbi)に位置するパラッツォ・レアーレ(Palazzo Reale/王宮)、東端はコルヴェット広場(Piazza Corvetto)に面し、現在は県庁の建物として使用されているドリア/アントニオ邸、南端はポルト・アンティーコ(旧港)にほど近いデ・マリーニ-クローチェ邸と、42の建物がそれに指定されています。美術館として一般に公開されているもの以外に、その多くは官庁組織・各種銀行・一般オフィス・一般居住地として使用されていますので、全ての建物の中に足を踏み入れることはできませんが、地図を片手に町歩きをしながら、邸宅群の様式を鑑賞するのも、また味わい深いところです。

【ジェノヴァ在住・Jacqueline】

ジェノヴァ在住・Jacqueline

外から眺めながら歩くだけでも、優雅な雰囲気もしくは歴史的情緒が漂う邸宅郡の雰囲気を味わうことは可能ですが、時間があったら、お好きなタイプの美術館を見学することをお勧めします。ジェノヴァの「五つ星/四つ星ホテル」としてもてなされた邸宅とはどんな雰囲気か、いっそう趣を感じられること間違いなしです。

ジェノヴァ在住・Jacquelineスタッフスタッフ一覧を見る

施設名 パラッツィ・デイ・ロッリ他
住所 Via Garibaldi 9 - 16123 Genova - ITALY
行き方

徒歩:約15-20分。駅を出て右手のメインストリート9月20日通り(Via XX settmbre)を真っ直ぐデ・フェラーリ広場(Piazza De Ferrari)まで歩き、広場を右折して4月25日通り(Via XXV Aprile)を直進し、フォンターネ・マローゼ広場(Piazza delle Fontane Marose)につきあたったら左折し、直進するとほどなくガリバルディ通り(Via Garibaldi)へ到着。

バス:デ・フェラーリ広場(Piazza De Ferrari)方面行き、17・18・18/・19・33・37・37/・39・40・46・47番に乗り、デ・フェラーリ広場(Piazza De Ferrari)/地下鉄デ・フェラーリ駅前で下車後、上記のように徒歩で。

ジェノヴァ・プリンチペ駅より
徒歩:約15分。駅を出て、真っ直ぐ伸びるバルビ通り(Via Balbi)を直進し、ゼッカ広場(Largo della Zecca)で右折。カイローリ通り(Via Cairoli)を直進するとガリバリルディ通り(Via Garibaldi)に到着。

休館日 美術館に関しては通常月曜日
開館時間 火-金:9:00-19:00、土日:10:00-19:00
入館料 各美術館につき8ユーロ(2009年3月現在)
見学ツアー パラッツィ・デイ・ロッリ見学ツアー
【日時】毎週土曜日15:30より
【所要時間】約1時間半(ガイドの方により時間超過もありえます)
【定員】25名                             
【費用】1人つき10ユーロ(2009年3月現在)
【説明言語】基本的にイタリア語ですが、各回につくガイドの方の素養により英語、フランス語説明が可能な場合もあります。
【ツアー内容】毎回コースが異なり、建物内見学と建物の外観のみの見学を合わせて約4-5ヶ所を回ります。
【予約アポイント】ストラーダ・ヌォーヴァ美術館ブックショップにて受付
(定員数になり次第締め切り。定員に達していなけらば当日予約も可能です)
見学ツアー チケットオフィス&インフォメーション(Bookshop Musei di Strada Nuova)
Tel. : +39.010.2759185
Email : biglietteriabookshop@comune.genova.it
営業時間 : 火-金:9:00-19:00、土日:10:00-19:00
サイト www.rolliestradenuove.it
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM