レストラン Disopra(ディソープラ)

ジェノヴァのレストラン
階下のランチビュッフェの案内の看板を見ると、カジュアルなイメージを想像させますが、内装やインテリア、照明はモダンで落ち着いた雰囲気。昼間でもじっくりと語り合えそうな大人っぽい空間です。

ジェノヴァのレストラン
個室ではありませんが、プライベート空間を確保できる窓際の2名様用のお席。窓は建物の吹き抜けに面しているので、特別な景色が見えるわけではありませんが、ふたり、もしくは、ひとりの世界に入りたい時には、希望してみては?

ジェノヴァのレストラン
港町ジェノヴァだけに、お魚のような不思議な形をしたオブジェ風の照明の下のグループ席。周囲には、様々な写真がギャラリーのように展示されています。展覧会+ランチビュッフェなどの組み合わせ企画なども行われる場合がありますが、お店の雰囲気もアーティスティックです。

ジェノヴァのレストラン
奥の列のメニューは右から、トルタ・ヴェルデ(野菜の惣菜トルタ)、ポルペットーネ・ジェノヴェーゼ(、リピエーニ・ディ・ヴェルドゥーレ(ズッキーニや玉ねぎなどの上に詰め物を載せたオーブン焼き)で、リグーリア郷土料理です。

ジェノヴァのレストラン
サラミやプロシュットハム、チーズはそのままそれだけで召し上がられてもよいのですが、オニオンジャムや蜂蜜をつけて食されると、また新しい味のハーモニーを体験できます。甘いものと塩味のもの組み合わせに違和感がある方も、旅の機会に一度お試しを!

ジェノヴァのレストラン
右より、ラザーニャ、スピエディーノ(肉、ソーセージ、パプリカ、玉ねぎなどの串焼き)、ヨーロッパキダイのグリル、白いご飯は日本風に炊いたご飯ではなく、付け合せ用です。

ジェノヴァのレストラン
右下より、ふわふわスクランブルエッグ、ポルチーニ茸のソテー、ジャガイモのベシャルメソースオーブン焼き。

ジェノヴァのレストラン
ランチ/ブランチビュッフェは基本的にセルフサービスですが、お皿の交換やドリンクやパンの追加は、スタッフの人がしてくれる場合もあります。お好きなものをお好きなだけ召し上ることができ、お肉もお魚も郷土料理もと色々試したい方にピッタリです。

ジェノヴァのレストラン
ワインに関しては、イタリア国産のものを中心に、フランス産のものも含め50種類ほど取り揃えています。詳しくはサイトの「la cantina」をクリックしてお確かめください。

ジェノヴァのレストラン
レストランは2人の兄弟が経営していますが、彼はその1人で責任者のルチアーノさん。「俺の写真なんか載せたら『怪獣がいる!』って、お客さん来なくなっちゃうよ!」と謙虚です。実はこう見えても、声が渋くてダンディ。気になる方は、ぜひ声をかけてみてください。

4.5星 ドゥカーレ宮・中2階に位置する旅行者の方にも足を運びやすいレストランです。ジェノヴァの中心地で、議会や展覧会、国際的イベントが行われる建物内にあるため、きっちりとスーツを着たお客様も多く見られますが、小さなお子さま連れのお客様もわりといらっしゃいます。モダンなインテリアに落ち着いた雰囲気で、ランチタイムでも外の喧騒から離れられる空間作りがされています。お昼はビュッフェ形式で、ジェノヴァ・リグーリア料理だけには特化せず、色々なメニューを楽しめ、またお値段に比べて味の質が高いと思います。
雰囲気 4.5星
値段 4星
総合 4.5星

歴史的な建物内でのモダンで落ち着いた空間

15世紀建築のドゥカーレ宮の歴史的な造りとモダンなインテリアが自然に融合するデザイン的な空間でお食事が楽しめます。この空間を演出するテーブルや椅子は、リッカルド・ブルマー(Riccardo Blummer)という作家の作品コレクションの一部で、ニューヨークにあるMOMA、ニューヨーク近代美術館に展示されていたものです。ジェノヴァの街の核になる中心地に位置しながら、店内に一歩足を踏み入れるとランチタイムでも喧騒から抜け出せ、且つ、雰囲気のある照明や建物の内側の吹き抜け部分に面した小窓のあるお席では、隠れ家気分が味わえます。

ランチビュッフェはお値段の割りにクオリティーが高くてお得です!

ランチビュッフェメニュー(12ユーロ)は、イタリアンを中心とし、ジェノヴァ・リグーリア料理数品、一部他の欧風料理を含みます。デザート(2.50ユーロ)、グラスワイン(2.50-3ユーロ)は別料金ですが、水やオレンジジュース、ミルクなどはビュッフェ料金に含まれています。食後のエスプレッソなども込みで、お会計時にいただくチケットを1階のバールで提出して、オーダーします。この1階のバールは、イタリアのミシュランに相当する格付けガイド、ガンベロ・ロッソのバール版(bar d'Italia del Gambero Rosso)にも載りました。メニューは日替わりで、土日のブランチビュッフェ(16ユーロ)では、メニュー数が増えます。

金・土の夜は“ミステリーディナー”開催

ディナータイムはご予約が必要で、メニューはアラカルトになります。このお店のオリジナル企画として、金・土曜日の夜は「テーマディナー」と称して、お客様にはお食事を楽しみながら“ミステリーシアター”に参加していただくことになります。お芝居を見ながらディナーを楽しむのではなく、お客様ひとりひとりが、レストランを舞台としたお芝居の出演者としての参加型ディナーです。言葉が分からなくても、身振り手振りで参加してみれば、旅行での特別な思い出になること間違いないでしょう。面白い体験をされたい方にはお勧めです。こちらは定員数になり次第締め切られますので、要予約です。

安心して、お洒落な雰囲気を楽しめます

旅行中に素敵なところでお食事をしたいけど、価格などが少し心配と言う場合には、カジュアルで明確な価格設定でありながら、お店の雰囲気作りがしっかりされているこのお店は安心です。また、ジェノヴァでは旧市街にレストランなどが多くありますので、夜はなかなかお店を見つけにくいところがありますが、このお店は中心地の分かりやすい場所に位置するので、夜にご来店される場合も迷いにくいです。若手のスタッフさんが多く、きびきびとしてスマートなサーブから洗練された印象を受けます。場所柄、外国のお客様がご来店されることも多いので、少なくとも英語対応は可能です。店内での写真撮影は、他のお客様にカメラを向けなければ問題はありません。

ロンドン大好きなオーナーのこだわり

ロンドン好きのオーナーは、ジェノヴァのお店以外にも、ロンドンにリストランテ、ワインバー、イタリアンバールなど7件ほどオープンさせ成功させたやり手ですが、雰囲気は素朴で正直者、細かいところに気が付く方です。メトロポリタンでの経験から、イタリア&リグーリア郷土料理だけにこだわることなく、インターナショナルなメニューとの融合と幅広い選択を心がけています。ディナーのアラカルトでは、一皿ずつの量は少なくないので、例えば、前菜とメイン、もしくはパスタやリゾットなどの第一皿とドルチェという2品目にお好きなワインなどのチョイスを勧められています。

【ジェノヴァ在住:Jacqueline】

ジェノヴァ担当 Jacqueline
私が「ディソープラ」をお勧めします!

大人のご夫婦、カップル、小さいお子さま連れのファミリー、女性のグループ、ビジネス関係の方などと幅広い層に合うお店です。ロマンティックな雰囲気を大切にしているので、ご夫婦やカップルでのご来店の際には、可能な限りお二人様用のお席にご案内されるかと思いますが、この記事やサイトの写真を見てご希望のお席がありましたら、最初に聞いてみることをお勧めします。

ジェノヴァ在住・Jacquelineスタッフスタッフ一覧を見る

メニュー(2009年9月現在)
Lunch a buffet
ランチ・ビュッフェ
12ユーロ
Quattoro antipasti freddi(冷たい前菜4種)、Quattro antipasti caldi(温かい前菜4種)、due primi(パスタ2種類)、Due secondi(メイン料理2種)、Formaggi stagionati con miele e frutta(熟成チーズ、蜂蜜とフルーツ添え)、Insalate miste con verdura di stagione(季節の野菜のサラダ盛り合わせ)、Incluso coperto, pane e acqua(テーブルチャージ、パンと水込み)
Brunch a buffet
ブランチ・ビュッフェ
16ユーロ
Pane: nero, bianco, di soia, 5cereali(黒パン、白パン、大豆パン、シリアルパン)、Uova: strappazzate con bacon, omelette, alla coque, quiche lorraine(ベーコンエッグ、オムレツ、半熟卵、キッシュ)、Formaggi e salumi(チーズとサラミ)、Salmone affumicato(燻製サーモン)、Roast beef(ローストビーフ)、Focaccia(フォカッチャ)、Torta al cioccolato(チョコレートケーキ)、Plumcake crostata(プラムケーキ)、Brioches(ブリオッシュ)、cereali(シリアル)、Yogurt(ヨーグルト)、Caffe'(カフェ)、succhi(フルーツジュース)、acqua(水)
Cena 夕食
Antipasto
前菜
Tartare di tonno(マグロのタルタル)8ユーロ、Salmone marinato(サーモンのマリネ)8ユーロ、Roast-beef all’inglese(ローストビーフ)8ユーロ、Torta di bietole(緑野菜のタルト)8ユーロ
Cena 夕食
Primi piatti
パスタ
Tagliolini neri al granchio(蟹の黒いタリオリーニ)10ユーロ、Gnocchi d’ortica alle vongole(野菜入りニョッキ、アサリソース)8ユーロ、Pappardelle al ragu' d’anatra(鴨肉ミートソースのパッパルデッレ)9ユーロ、Troffie al pesto(トロフィエのジェノヴェーゼソース)8ユーロ
Cena 夕食
Antipasto
前菜
Totanetti alla rivierasca(ホタルイカと黒オリーブ)12ユーロ、Spada al salmoriglio(カジキマグロのハーブ焼き)12ユーロ、Filetto alla crema di tartufo(ヒレ肉トリュフソース)15ユーロ、Branzino alla griglia(スズキのグリル焼き)15ユーロ
Cena 夕食
Dolci
デザート
Crema catalana(クリームブリュレ)4ユーロ、Panna cotta alla menta(ミント風パンナコッタ)4ユーロ、Tiramisu'(ティラミス)4ユーロ、Ananas(パイナップル)4ユーロ、Caffe'(カフェ)1,50ユーロ

店名 Disopra(ディソープラ)
住所 Palazzo Ducale - 1°Piano ammezzato(中2階)Cortile minore
Piazza Matteotti5 16123 Genova Italy
行き方 ピアッツァ・デ・フェラーリ側の入り口よりドゥカーレ宮に入り、ガラス張りに囲われたカフェの手前を右に入ると階段とエレベーターがありますので、昇ってすぐです。
電話番号 +39.010.5959648
FAX番号 +39.010.8681615
定休日 日・月のディナー
営業時間 ランチビュッフェ)月-金:12:30-14:30、
ブランチビュッフェ)土・日:12:00-15:30 
ディナー(9月−5月)火−木:20:00-24:00
予算 ランチビュッフェ:1人12ユーロ、
ブランチビュッフェ:1人16ユーロ
ブランチビュッフェ+ドゥカーレ宮殿入場料:1人19ユーロ
ディナー:1人20-25ユーロくらいから(飲み物別)
備考 9月から5月の間にオープンするディナーは要予約。金曜日・土曜日のテーマディナーはコースになるので、予約時に価格と開始時間を要確認
サイト http://www.disopra.it/
地図
大きな地図で見る


Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM