オリーブオイルとワインを販売中! アーモイタリア特別割引きあり

Olio d'Oliva Le Cinqua Aquile
左がIGP認定付きです。味や香りには差がないので、私は右のEXVオリーブオイルを使っています。味まろやかでとても美味しいです。

Olio d'Oliva Le Cinqua Aquile
IGPはボトルネックにその商標が貼ってあります。

Chianti classico
左がCasa di Monte/Chanti DOCG、右がLe Capitozze Chianti Classico Riserva。特に右のワインが絶品です。
このクオリティで13ユーロはとても安いと思います。

イタリア料理教室ラミモーザ
私のイタリア料理教室でも使っています

2013年にこちらのIGPオイルを試してから、すっかり虜になりました。私が開催するイタリア料理教室でも使っていますが、生徒さんにも大好評です。

青い若菜のようなフレッシュ感の中に、熟したオリーブの旨みとコクが凝縮されていてとてもバランスが良く、イタリアンはもちろんのこと、和食にも良く合います。例えば、焼いたアジの開きにかければ、コクと旨味が増してワインにも合う新しい一品になります。

トスカーナ産のオリーブオイルは味が強く、ぴりっと辛い喉越しが特徴のものが多いですが、こちらはとてもデリケートです。和食派にも洋食派にもお勧めですよ。

La mimosa主催: 野呂京子スタッフイタリア料理教室ラ・ミモーザ

shoppingフィレンツェで割引き&特典付きのお店

個人的にお勧めのオリーブオイルです

個人的にお勧めのオリーブオイルが一般に売り出したので紹介します。
「Le Cinque Aquile」というエクストラバージンオイルで、僕の知り合いが作っています。一度頂いてとても美味しかったので、その後も継続的に使っています。綺麗なグリーン色をして、香りがとても豊か、味も棘がありません。料理・食材に合わせやすいオリーブオイルです。

ワインで有名なキャンティで生まれましたオリーブオイル

フィレンツェ郊外のモンテスペルトリ(Montespertoli)の丘は美しい自然が残り、オリーブオイルやワインの生産が世界的に有名です。この「Le Cinque Aquile」は家族経営でごく少数のオイルを生産しています。そのため品質も高く、値段も手頃なのが嬉しいです。今のところ瓶詰めしかないので少々重いですが、持って帰る価値はあると思います。

美味しさが数値にも表れています

  • 酸度(acidita')0.13%
    エクストラバージンオリーブオイルは酸度0.8%以下と規定されていますが、それより遥かに低い数値です。これは収穫したオリーブの実をすぐに搾っているためで、新鮮ということ。脂肪酸の遊離が少ないことを意味しています。
  • 過酸化物(perossidi)2.8/L
    酸化の状態を示す基準です。エクストラバージンオリーブオイルは1リットル当たり22以下と決められていますが、それを大きく下回ります。酸化は品質劣化の原因で、不快な臭いを発生させます。

IGP認定とEXVオリーブオイルの2種類

EXVオリーブオイルは2種類製造していて、IGP認定を受けた方が少しだけ料金高いです(100円程度)。IGPとはEU連合が定めた品質を保証する商標なんですが、製造者の友達曰く、品質はほとんど差がないそうです。私は手頃なエクストラバージンオリーブオイルを使用しています。プレゼントにはIGPが喜ばれるでしょう。

オリーブオイルの料金表
(赤字はアーモイタリア割引料金)
  250ml 500ml 750ml
I.G.P.認定付き
エクストラバージン
オリーブオイル
6ユーロ
5.5ユーロ
10ユーロ
9ユーロ
13ユーロ
12ユーロ
エクストラバージン
オリーブオイル
5ユーロ 9ユーロ
8ユーロ
12ユーロ
11ユーロ

オリーブオイルの美味しい食べ方

味と香りを活かした使い方をお勧めします。いずれもオリーブオイルを加熱せず、フレッシュのまま食べるのが贅沢で美味しいです。

  1. サラダ。オリーブオイル、ビネガー、塩コショウをだけで、いつもとひと味違うイタリアン・サラダが完成します。オリーブオイルの香りでフレッシュ感が増します。
  2. パン。バケットなど堅めのパンを軽く焼いて、オリーブオイルと塩をかければ最高のおつまみが完成します。焼いたパンにニンニクの断面をこすりつければ、最高級ガーリックトーストにもなります。ワインに良く合う!
  3. ステーキ。オリーブオイルをソース代わりに、お皿の上でお肉にかけます。岩塩を一緒に加えればさらにお肉とオリーブの味が引き立ちます。
  4. ピッツァ。宅配ピザでも冷凍ピザでも良いです。熱々のピザの上にオリーブオイルを回しかければ、味が数段ランクアップします。トマトとチーズだけのシンプルなピザほどオリーブの香りを楽しめてGOODです。

キャンティ・クラシコのワインも・・・

オリーブオイルと一緒に、私のお勧めのトスカーナワインも置かせてもらっています。
こちらも僕の知り合いが作っていて、生産量少ないので市場にはほとんど出回りません。日本はもちろん、イタリア国内でもおそらく見つからないでしょう。稀少で美味しいのでお土産に良いですよ。

はっきり言って値段はとても安いです。この2本は味が完全に違うので、好みで購入すると良いでしょう。リゼルバ(Riserva)の方が熟成期間が長くて、香り豊かでまろやかです。僕はこのリゼルバがずっと美味しいと思います。
グラス1杯2.5ユーロ/4ユーロで試飲できるので、興味ある人は試してみてください。

キャンティワインの料金表
(赤字はアーモイタリア割引料金)
Casa di Monte
Chanti D.O.C.G.
8ユーロ
7ユーロ
  • サンジョベーゼ、カナイオーロ、マルバジア、トレッヴィアーノの4ブドウ品種を使用
  • 木樽熟成6ヶ月
Le Capitozze
Chianti Classico Riserva
13ユーロ
12ユーロ
  • サンジョベーゼ種100%
  • 木樽熟成18ヶ月

3本以上購入で、さらに5%割引きが受けられます
Per chi compra piu' di 3 Bottiglie, puo' avere il 5% OFF

オリーブオイルとワインを合計3本以上購入された場合に、さらに5%の割引きが受けられます。購入時には本ページを提示ください。オイルもワインもさらにお手頃な値段になります。

箱とプチプチもあるそうです

販売はホテルで行っています。ホテルフロントで売ってくれます。
紙箱もプチプチも用意すると言っていたので、遠慮なく梱包を頼みましょう。液体は機内持ち込み不可なのでスーツケースに入れますが、揺れないように荷物を詰めれば割れる心配はほとんどないです。ちなみにプチプチはイタリア語で「カルタ・ボッレ(Carta Bolle)」と言います。

【フィレンツェ在住:堂 剛 - Tsuyoshi Doh】2013年4月

販売場所 下記ホテル内で販売中(宿泊者でなくても購入可能です)
Hotel Executive Firenze(ホテル・エグゼクティブ・フィレンツェ)
住所 Via Curtatone, 5 - Firenze 50123, Italy
電話番号 +39 055 217 451
休み なし
営業時間 いつでも
その他 クレジットカードも使えます。
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM