Mac Dario - Antica Macelleria Cecchini(マック・ダリオ)

Firenze Mac Dario Cecchini
マックダリオの店先。派手な牛と交通標識のような看板が目印。町の名物レストランなので、人に聞いてもすぐに見つかります。

Firenze Mac Dario Cecchini
サンタマリアノヴェッラ駅前のバスターミナルから「Panzano」行きSITA社バスに乗ります。1月のランチ時間に行きましたが50人席のバスに乗客は10名ほどでした。

Firenze Mac Dario Cecchini
Panzano in Chiantiのバス停は町の大きな広場にあります。初めての人は運転手さんに降りる駅を告げて、運転席近くの席を確保しましょう。

Firenze Mac Dario Cecchini
Darioさんの店は本来肉屋さん。入り口も完全に肉屋です。店員さんにレストランで食事したいと言えば、レストランへの隠し通路に案内してくれます。

Firenze Mac Dario Cecchini
上が店主のダリオさん、下はサービス係のダンテさん。二人とも超テンションが高いです!食後はぜひ一緒に写真を撮りましょう!

Firenze Mac Dario Cecchini
明るくて気持ちの良い店内。席は狭いですが、それがこのお店の一体感を作り出しています。

Firenze Mac Dario Cecchini
これが超有名なマック・ダリオのハンバーグ。周りはパリッと、中はジューシーでとても美味しいです。

Firenze Mac Dario Cecchini
こちらがAccoglienza(肉料理コース)。左上から時計回りに、豚肩蒸し、ミートローフ、豚ロースと、牛のタルタル

Firenze Mac Dario Cecchini
肉料理に付いてくる生野菜は自家製ドレッシングでとても美味しいです。お肉が到着するまでにお腹いっぱいにならないように!

Firenze Mac Dario Cecchini
お店の入り口には「ステーキ肉のお墓」まであります。私たちの胃袋の中で安らかにお休みください。

Firenze Mac Dario Cecchini
パンツィアーノの中心にあるサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会(SS. Annunziata)。町はぜひ散策して帰りましょう。

3.5stars 日本を含め世界各国の新聞や雑誌に紹介している超有名な肉屋+肉専門レストランの「マック・ダリオ」。地元トスカーナの美味しい肉を安く世界に広めようと楽しい試みがたっぷりです。オーナーのダリオさんの強烈なキャラもあって、地元の人からも愛されています。フィレンツェからバスで約1時間。キャンティにある美しい町は、観光を含めて、なかなか楽しい小旅行になるでしょう。好奇心旺盛な人はぜひチャレンジを!
雰囲気 4.5stars
値段 4.5stars
総合 4stars

噂に聞いていたマック・ダリオに挑戦!

フィレンツェ在住の方、旅行者の方からたびたび名前を耳にしたことのある「マック・ダリオ」。『肉屋で肉がたらふく食べられる』という触れ込みはとても気になっていましたが、とうとう念願が叶いました。小旅行がてらカメラを携えて、いざキャンティに出発です。

オリーブ畑とブドウ畑が広がる、雄大なキャンティの丘

この有名なお肉屋さんがあるのは、フィレンツェからバスで約1時間の郊外の町「Panzano in Chianti」です。行くのはとても簡単で、フィレンツェSMN駅前にあるSITA社バス停から直行便のバスが出ています。「Panzano」行きのバスに乗り、終点間近の「Panzano in Chianti」という町で降ります。大きな広場が駐車場のバス停では結構人が降りるので間違えることも少ないでしょう。バスは1時間に1本程度運行、片道3.5ユーロです。ぜひ往復分の切符を買って、肉屋の旅に向かいましょう。

キャンティは言わずと知れた赤ワインの名産地。途中ではブドウ畑やオリーブ畑が広がって、美しい田園風景も眺められます。バス時刻表は「ACVバスのサイト」から「ELENCO LINEE - ORARI(時刻表)」の365番で確認してください。

ランチメニューは「ハンバーグ」と「肉コース」の2種類

帰りのバスを考えるとランチに行くしかなさそうです。ランチメニューは2種類のみ。ハンバーグの「MAC DARIO」と肉コースの「ACCOGLIENZA(アッコリエンツァ)」の2種類のみ。皆さんどちらか迷うと思いますが、2人なら1つずつ頼むと色々な肉を楽しめます。1つだけなら、僕はハンバーグが好みでした。

(1)ハンバーグのコースはワンプレートで、250グラムのハンバーグ、フライドポテト、温野菜、水とパンが付いてきます。ハンバーグは肉の塊という感じで、周りはパリッと香ばしく、中は半生で食べごたえ満点です!

(2)アッコリエンツァ(Welcome)コースは3種類の肉料理がメインで、牛のタルタル、ツナと呼ばれる蒸し豚肩肉、ポルケッタ(豚ハーブロースト)、Cosimino(コジミーノ)と呼ばれるミートローフ。それにたっぷりの野菜スティック(ピンツィモーニオ)、パン、水が付いてきます。

テーブルには常時3種のソースが置かれていて、マスタード、タイ風甘いソース、辛いトマトソースと味を変えながら楽しむことができます。

料金は手頃、ワインもお勧めです

超有名店ということで、味をかなり期待していたのですが、絶品とまでは行かなかったです。肉を食べるならDe' BenciAntico Noe'のフィレンツェ風Tボーンステーキをがっつり食べる方が数倍美味しいと思います。

でもこの店は、まるで遠足に来たように楽しいです。ダリオさんもキャラが濃く、必ずお客さんに会いに来て、大きな声で演説を始めます。食べに来ている人たちは一体感を持って、笑いながら食事をするのです。ハンバーグは10ユーロととても安いし、サービスも明るくスピーディーで、本当に雰囲気の良いお店でした。

食後はぜひパンツァーノの町を散策しましょう

このパンツァーノの町は街並みがとても美しく、トスカーナの丘陵地帯も見渡せて気持ちいいです。食後はぜひとも中世の町を散策しましょう。小さな町で迷うこともないですし、美しい教会は見る価値あります。くれぐれも帰りのバスに乗り遅れないように。。。

日曜ランチと平日夜の「ステーキコース」が気になります・・・

実は日曜のランチ、そして平日夜だけの50ユーロのコースというのあって、そちらがとても気になります。ステーキ2種類を含む4皿の肉料理、野菜、白インゲン、ラードなどが盛りだくさん。しかもワインやグラッパも付いているんですって。日曜のランチにバスの時刻をしっかり把握して言ってみるのも良いですね。

今回食べたランチ料金(男1名、女1名、合計37ユーロ)

安い!地元の人がたくさん来る訳ですね。料金がコースで決まっているので明朗会計です。誕生日会などパーティーに使ったらきっと楽しいだろうなぁ。

  • マック・ダリオ(ハンバーグ):10ユーロ
  • ACCOGLIENZA(肉コース料理):20ユーロ
  • 赤ワイン(250cc):3ユーロ
  • カフェ(タルト付き):2ユーロ x2

【フィレンツェ在住:堂 剛(Tsuyoshi Doh)】

オルヴィエート担当 堂剛
楽しい、観光名所と言えるレストラン

パンツィアーノの町は美しく、有名肉店でみんなで楽しく食事ができます。料理自体は本サイトでも紹介しているアルマンドクアットロ・レオーニの方が美味しいですね。冒険心・好奇心が旺盛な人、楽しいことが好きな方は試してみる価値ありです。友達の誕生日会やイベントに向いているお店なんですよね。今度は友達と一緒に大所帯で行きたいと思います。

フィレンツェ在住・堂 剛スタッフスタッフ一覧を見る

ランチ・メニュー(2011年)
Coperto
チャージ
  • なし
MAC DARIO
マックダリオ
ハンバーグ
  • 250gハンバーグ、セージとニンニク風味のジャガイモ・オーブン焼き、温野菜、トスカーナパン、水
  • 10ユーロ
ACCOGLIENZA
アッコリエンツァ
肉コース料理
  • 野菜スティック、キャンティ牛のタルタル、蒸し豚肩肉、ポルケッタ(豚ロースト・ハーブ風味)、ミートローフ、トスカーナパン、水
  • 20ユーロ
別注文
  • グラスワイン 2ユーロ、250cc赤ワイン 3ユーロ、500ccビール 5ユーロ、フルーツジュース 2ユーロ、カフェ(タルト付き)2ユーロ、グラッパ 2ユーロ
夜特別メニュー
肉コースメニュー
  • 50ユーロ
  • 肉料理4品(ステーキ2種類)、野菜スティック、白インゲン豆、ジャガイモとタマネギのオーブン焼き、キャンティのバター(ラード)、トスカーナパン、ワイン、水、トルタ、カフェ、グラッパ
  • 月・火・木・金・土のディナー20時から
    日曜日13時からランチ
    月曜日と木曜日は予約必須、他の日も予約した方が良いです。

店名 MAC DARIO(マックダリオ)
住所 Via XX Luglio, 11, Panzano in Chianti Firenze, イタリア
行き方
  • フィレンツェSMN駅前にあるSITA社バス停から直行便のバス「Panzano」行きで約1時間。終点間近の「Panzano in Chianti」から徒歩1分。バス停は町の大きな広場にあって、結構人が降りるので間違えることも少ないです。
  • バスは1時間に1本程度運行、片道3.5ユーロ。往復分の切符を買って行きましょう。
  • 帰りのバスは到着広場のもう少し下。右側です。バス到着の時間は多少前後するので、早めに行って待っていたほうが安心です。
電話番号 +39 055 852020
定休日 日曜日
営業日時 月曜日〜土曜日:12時〜15時
予算 ランチ:1人10〜20ユーロ(飲み物別)
サイト http://www.dariocecchini.com/home/benvenuti-a-panzano/
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM