チヴィタは最高級オリーブオイルの産地。試食してみよう!

チビタのオリーブ農家 お店の入り口は至って普通。でもここが500年続いているオリーブオイル農家なんです。中に入ると感動的ですよ。

チビタのオリーブ農家
元は3000年前の洞窟が搾油所となりました。
50年前まで使っていたオリーブオイル用の石臼。一生懸命ロバが回していたんですね。ご苦労様です、ありがとう。

チビタのオリーブ農家
紀元前の洞窟内で食べるブルスケッタはまた格別です。
パンはもちろん店内の暖炉の炭火で焼かれます。

チビタのオリーブ農家
これが僕一押しのチーズのせブルスケッタ。自家製チーズに自家製オリーブオイル、自家製白ワインと最高の相性です。
よく見てください、オリーブオイルの色が鮮やかな緑です。

チビタのオリーブ農家
紀元前からある洞窟内で食事をする機会は人生で1度きりかもしれまえん。食事しなくてもオリーブオイルの購入だけもできますよ。お勧めです。

チビタのオリーブ農家
真ん中の人がファブリーツィオさんです。代々オリーブオイルを作っています(2013年11月)。

チビタのオリーブ農家
オリーブオイル店近くは、お店の人が世話している猫ちゃんが集まっています。ネコ好きな人は日本から餌持って行くと、王様気分を味わえますよ。

チヴィタは最高品質オリーブオイル産地です

ここ数年、ウンブリア州とラツィオ州のオリーブオイルがイタリア国内で注目を集めています。今まではトスカーナ州や南イタリアのオイルばかりが有名でしたが、最近では中部イタリアのまだあまり知られていない高品質のオリーブオイルに話題が集まっています。
良いオリーブを育てるには、十分な日照、適度な雨、水はけがよく肥沃すぎない土地が必要と言われています。ウンブリア地方はこれらの条件がすべて整っていて、オリーブの栽培に適していると言われます。まだまだ知られていないので、高品質なオイルが手軽な料金で購入できるのも嬉しいです。日本ではほとんど手に入らない、貴重で美味しいオイルを堪能してください。

500年続くオリーブ農家をぜひ覗いてみましょう

チヴィタの小さな町の中に、1軒のオリーブ農家が残っています。彼らは1500年から続く農家で、オリーブオイルを作っています。店の中にはみごとなオリーブオイル用の石臼が残っていて、50年前まではロバが回してオイルを作っていました。
しかもそのオイル工場は3000年以上前に掘られた洞窟の中にあります。今は彼らが作った手作りのオリーブオイルを使った料理を味わうことができます。家の中を見るだけでも価値があり、その紀元前の洞窟内で食事ができるとは、なんて贅沢なんでしょう。ぜひ食べてみなくちゃ!!!

クチコミ情報

2011年から、不定期に閉じていることが多くなりました。営業している時に訪れた方は超ラッキーです。ドアを開いているのを見かけたら、ぜひぜひ、ボンジョルノと一声かけてお店の中を覗いてみてください。紀元前の洞窟、500年以上前から続くオリーブオイルの石臼、日本では見ることのできない文化と歴史を感じることができますよ。(イタリア在住:堂 剛)


まさに輝くオリーブの果汁です

最高の味のオリーブオイル家族経営で丁寧に一本一本作るオイルは実に美味しく、エメラルドグリーンの「輝く液体」です。彼らのオイルの特徴は濾過しないこと。オイルの中に旨味としてオリーブの果汁が残っています。冬の寒い時期はその成分が凍ってしまいますが、それが美味しい、手作りのオリーブオイルの証なんです。
とろりと滑らかなオリーブの果汁は、口に入れると爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

最高のブルスケッタをどうぞ!

はっきり言います、彼らの出すブルスケッタはイタリアで一番美味しいです。別に彼らが僕の友達だからお世辞を言うのではありません。店内の暖炉で焼いたパンに、新鮮で濃厚なオリーブオイルをかけてくれます。お好みでトッピングも選べます。
一番のお勧めはチーズ。凝固剤にまでこだわった自家製の羊のチーズはまろやかで香りも豊かです。トマトも自家栽培でもちろん無農薬、オリーブペーストしかり、サラミまでも彼らが作っているというんだから驚きです。
口に入れるとその美味しさに感動します。そんな時はお店のおじさんを捕まえて、「ブオーノ!!!(美味しい)」と言ってあげましょう。喜びますよ。

ワインを忘れちゃダメですよ

そして忘れちゃならないのが、彼らの自家製ワイン。白も赤もどちらも美味しいですが、僕のお勧めは白ワイン。香りは少なめですが、まさにブドウ絞ってできていると感じる味です。レストランでは味わえない家庭用の自家製ワインが、コップ一杯たったの1ユーロ程度です。

お土産のオリーブオイルも販売しています

日本へのお土産には500年続く彼らのオリーブオイルがお勧めです。750ccの瓶入りと、250ccの缶が売っています。缶入りなら軽くて割れる心配もないですね。結婚式の引き出物にと缶入りオイルを大量買いした方もいらっしゃいました。ナイスアイデアです!値段も手頃で日本で買うと何倍もするでしょう。皆さん帰国後にもっと買って帰れば良かったと僕にメールを送ってきます(笑)。

ワイン好きな人は頼んでみて。。。

お店の人には、『ツヨシの記事を読んだよ』と声をかけてください。彼らとはすでに8年以上の付き合い。きっと温かく歓迎してくれるでしょう。魅惑の雰囲気の洞窟と美味しい料理と感動的な出会いが皆さんを待っています。
最後に。。。ワイン好きな人は空のペットボトルを持って行って、彼らのワインを入れてもらいましょう。ツヨシが言ってたと言えば、きっと入れてくれるはず。。。日本には持って帰れませんが、ホテルで飲むには十分でしょう。自家製ならではの独特な味わいは病み付きになるかも・・・。

オルヴィエート 堂 剛
秘境のウンブリアを地元ガイドさんが案内します

オルヴィエートを拠点として、ツアーでは行けない秘境の町、チヴィタ、ボルセーナ、ピティリアーノ、アッシジなどを車でご案内します。地元の人に人気の美味しいレストランでのランチ付き。個人ツアーなので車は貸し切りですので、ゆったりとしたペースで自由に見学可能です。友達やご家族とお申し込みください。楽しいですよ。

イタリア在住・堂 剛スタッフオルヴィエート近郊ツアー
(ブログ:http://blog.belgiappone.com/

メニュー(2009年4月現在)
Bruschette
ブルスケッタ
Bruschetta aglio e olio(ニンニクとオイルのブルスケッタ)2ユーロ、Bruschetta pomodoro(トマトのブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta melanzane(ナスのオイル漬けのブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta Olive(オリーブペーストのブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta Peperoni(パプリカのオイル漬けのブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta verdura(野菜のブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta Formaggio(チーズのブルスケッタ)3ユーロ、Bruschetta Salsiccia(サラミのブルスケッタ)3.5ユーロ、Bruschetta Tartufo(トリュフペーストのブルスケッタ)4ユーロ、Bruschetta con prosciuto(生ハムのブルスケッタ)3.5ユーロ、Bruschetta con fagioli o ceci(豆のブルスケッタ)4ユーロ、Bruschetta con salsiccia e ceci(サラミとひよこ豆のブルスケッタ)6.5ユーロ、Pane caldo con affettati formaggi(焼いたパンとチーズの盛り合わせ)7ユーロ
Dolci
ドルチェ
Dolce della casa(自家製ケーキ)3ユーロ、Assaggio misto di dolci(ケーキの試食盛り合わせ)4ユーロ
Vini
ワイン
Bicchiere di vino bianco o rosso(赤ワイン/白ワイン、グラス1杯)1ユーロ、1/4 Litro di vino(ワイン250cc)1.5ユーロ、1/2 Litro di vino(ワイン500cc)2.5ユーロ、1 Litro di vino(ワイン1リットル)5ユーロ

店名 Bruschetteria "Antico Frantoio" (アンティーコ・フラントイオ)
住所 Via Porta della Maesta', snc 01022 Civita di Bagnoregio (VT) Italy
電話番号 +39 0761 948429
定休日 不定
営業時間 不定(だいたい9:30頃から18:00頃)




Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM