メルカンツィーア宮殿とポルティコ=柱廊(Palazzo della Mercanzia e Portico)

ボローニャのメルカンツィーア宮殿メルカンツィーア広場

ボローニャのポルティコ柱廊珍しい木造のポルティコはストラダ・マッジョーレで見られます

4つ星
メルカンツィーア広場周辺には特徴的なポルティコが集中しているので、ぶらぶらと歩いてみるといいでしょう。この広場ですぐに目を引くのはメルカンツィーア宮殿。14世紀に税関事務所として建築されました。商業関係の争議があると、中央のバルコニーから裁判官が顔を出して判決を言い渡したそうです。現在でも商工会議所として利用されています。その横には12世紀のアルベリチの塔。塔の1階部分には1273年にオープンした店舗の入り口が今でも見てとれます。

城壁の中だけでも合計すると38kmもあるポルティコと呼ばれるアーケード。雨の日には傘を持たずに歩くことができてとっても便利。公と私の区別がまだ曖昧だった中世の頃職人の仕事場として、また商品を販売する場として重宝されました。そもそもボローニャ大学で学ぼうと各地から集まった学生に貸す部屋のスペースを確保するために道路に突き出す様にしたのが始まり。最初の遠慮がちな出っ張りは例えばクラヴァトゥーレ通りで見られます。その後木造のポルティコを造ることで上部により広いスペースを確保できる様に工夫されました。

1500年から1600年にかけて木造のポルティコをレンガまたは石造りに交換するよう義務付けられたため、現在でも木造で残っているポルティコはとても珍しいです。例えばストラダ・マッジョーレの高さ9メートルの木造ポルティコ(13世紀建築)は必見です。馬に乗ったまま通行できる様に高い造りになっており、よく見ると天井には当時の矢がささっています。

メルカンツィーア宮殿(Palazzo della Mercanzia)
【住所】Piazza della Mercanzia, 4 - 40125 Bologna
【行き方】二本の斜塔のすぐ横。
【電話番号】051-6093111
【FAX番号】051-6093451



城壁と城門(Mura e Porte)

パドヴァのサラゴッツァ門このサラゴッツァ門から聖ルカ教会まで全長3.7kmのポルティコが続いています

4つ星
旧市街は防御の目的で城壁に囲まれていましたが、人口の増加に伴い街が大きくなるにつれて城壁も建て替えられ三重になりました。最も古いものは4世紀にまでさかのぼるという説もありますがはっきりとは分かっていません。材料である石膏の名をとり「セレニテの城壁」と呼ばれています。

その後11世紀に「1000年の城壁」と呼ばれる全長3.5kmの城壁が造られました。全部で17あった城門のうち四つが現存していてサン・ヴィターレ通りやカスティリオーネ通り、ピエッラ通りのそれぞれ中程にあります。

13世紀には全長7.6kmとさらに長い城壁が造られ、12の城門が設けられました。残念ながら20世紀の初めに環状道路(Viale)を建設するために城壁は取り壊されましたが、九つの城門は完全な形のまま残っています。この城壁を全て見るには時間がかかりますのでお勧めできませんが、どうしても全部見たい方は中央駅から環状道路を一周する32番か33番のバスに乗るのが便利です。




Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM