聖ペトロニオ大聖堂(Basilica di San Petronio)4.5

Basilica di San Petronio Bologna
ボローニャの街の中心マッジョーレ広場に堂々と建っています。奥に見えるのはバンキ宮殿

Basilica di San Petronio Bologna
床に長く伸びるカッシーニの日時計

Basilica di San Petronio Bologna
天井には太陽の光が差し込む穴があります

Basilica di San Petronio Bologna
聖堂の左奥には小さな資料館があり、そこでは当初の設計図に見られる模型があります

Basilica di San Petronio Bologna
ガルバーニ広場から入るパノラマテラスの入り口。工事現場のようですがちゃんとした入り口です

Basilica di San Petronio Bologna
アジネッリの塔より40mほど低いですが、十分街の景色を堪能できます

設計図通りなら世界一の大きさの教会になるはずだった!?

ヨーロッパで7番目に大きい教会とされる、ボローニャの守護聖人に捧げた大聖堂です。1388年に着手し、イタリア後期ゴシックの建築家アントニオ・ヴィンチェンツォによる作品で、1390年に建立されました。 幅66mX奥行き132mX高さ51mと大きな大聖堂ですが、本来の設計図では幅は倍の137m、奥行きは50m長い183mの予定でした。1402年のアントニオ・ヴィンチェンツォの死後、大聖堂建設の反対派が上がり、大聖堂に使うはずの石材や木材などを売ってしまうなどして工事が中断されました。

1425年にはシエナ出身のヤコポ・デッラ・クエルチャがファザードの彫刻「聖母マリアと幼子キリスト」に取り掛かり、その死後また中止されるなど前途多難な大聖堂の建設となりました。1469年ごろには、祭壇の修復がされたのちは、予算が途切れ大聖堂の建設はこれ以上進むことはなく、この時期で終了とされています。

ファザードをみると、土台から途中まではピンクと白の大理石と彫刻等で飾られていますが、4段目で終わっています。本来は、ファザード全体に大理石が使われ、マッジョーレ広場の色調と合わさりさらに荘厳な雰囲気となったことでしょう。また本来は上から見たときに十字架になるように建設されていましたが、その翼廊も伸びることなく埋め立てられてしまっています。

内部も見所がたくさんです!

内部にはボローニャの有力な貴族ヴェンティボッリ家が装飾を施したマーギ礼拝堂があり(有料)、南側にはヴェンティボッリ家がキリストへの崇拝を示すため、エルサレムまでの旅の様子が描かれており、北側には「天国と地獄」が描かれています。天国と地獄を分ける青いサタンは口から人を食べており(上と下に口があるとされています)、下の暗い部分の中には当時、異教徒は罪とされていた背景が伺えるようにイスラム教の神マホメットが描かれています。美術品として残していますが、近年テロの標的となる可能性があり、警察や軍が常に教会の周りで待機するようになりました。他にも見所のある礼拝堂もたくさんありますので、じっくりと回って見てください。

カッシーニの日時計にも注目です。

教会内部にあるMeridiana(メリディアーナ)=日時計は世界一の長さで67mあります。1576年にボローニャ大学数学教授のエニャーツィオ・ダンティによってすでに教会内には日時計は設置されていましたが、1653年の増築の際に取り壊され、新たに1657年に天文学者ジョバンニ・ドメニコ・カッシーニによって設計されました。正午前後には屋根の太陽が描かれた穴から光が入り、床に描かれた月と日付を指すことでカレンダーの役割を果たしていました。太陽が一番高く上がる夏至から、低くなる冬至まで毎日太陽の差す位置が変わっていきます。現在でも使用されており、お昼の12時前後に行くとちょうど光を見ることができます。

ボローニャのパノラマも堪能しよう!

2015 年より教会の上に登って、La terrazza panoramicaでパノラマを堪能できるようになりました。54mの高さまでエレベーターで一気に上がって、階段を数段登れば教会の屋根から景色を見下ろせます。2つの斜塔は階段しかないので、体力に自信のない方や時間のない方などは、上からの景色を見るだけでも価値がありますので、ぜひ試して見てください。パノラマテラスの入り口は、一度教会を出て、教会を正面から見て左側の通りVia dell’Archiginnasioを進み、Piazza Galvani(ガルバーニ広場)からとなります。3ユーロを支払ったら同意書にサインをしてエレベーターで上がります。
景色を見終わったら、階段で降りるかエレベーター前でまた待機していれば、担当者がエレベーターで迎えに来てくれます。

ボローニャ在住 吉森 恵子
私がおすすめします

設計通りだったら世界一となるはずだった聖ペトロニオ教会。一説ではバチカン教皇が権威を守るために建設を中止にさせたという声がありましたが、それはあくまでも噂話。ボローニャの街の聖域をぜひ訪れて見てください。日時計という特色は、ヨーロッパ最古の大学があったため、学術と宗教が重なり合った不思議な空間を作り上げます。

ボローニャ在住:吉森 恵子スタッフスタッフ一覧を見る

名称 聖ペトロニオ大聖堂(Basilica di S. Petronio)
住所 Piazza Maggiore - 40124 Bologna
行き方 マッジョーレ広場にあります
電話番号 051-225442
休館日 なし
開館時間 7:45-18:00
パノラマテラス 10:00-13:00 15:00-18:00
入館料
  • 入館料無料
  • 写真撮影(FOTO TICKET):2ユーロ(入って左側の売店にて支払い、手首にバンドを巻いてもらってください)
  • マーギ礼拝堂:3ユーロ
  • パノラマ見学:3ユーロ(内部左奥、もしくは裏側のPiazza L. Galvani(ガルバーニ広場)より入場)
地図



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM