イタリアでタックス・フリー・ショッピング

TAX FREE SHOPPING
(このマークがある加盟店で免税が受けられます)
Tax Free Cheque

イタリア国内にはグローバル・リファンドの加盟店(買い物後空港で税金還付が受けられる加盟店)が約18,000店舗あります。有名ブランド店をはじめ、ローカルブランド、ギフトショップなど、イタリア各都市にあるタックス・フリー・ショッピングのロゴのあるお店でお買い物をすると、出国時に買い物金額の最大20%の免税払戻しが受けられます。免税手続き方法を確認してしっかりと「得」しましょう!

イタリアでは1日1店舗で154.94ユーロ以上買い物をすると、免税対象となります。この金額以上お買い物をしたら、レジでパスポートを提示して必ずグローバル・リファンド・チェック(免税手続きの書類)を発行してもらいましょう。この書類が無いと帰国の際、出国する税関で免税手続きをとることができません。税関スタンプ受領期限は購入月の末日より起算して3ヶ月以内、リファンド申請の有効期限も購入月の末日より起算して3ヶ月以内と設定をされているので、帰国後早めにリファンド申請をされることを勧めます。

加盟店で支払い時に、パスポートを提示しながら「タックス・フリー・ショッピング・チェック・プリーズ」と店の人に言いましょう。お店の人からリファンド・チェック(免税書類)とレシートが渡されるので、名前など記入事項に誤りがないか、確認します。

イタリアではローマ・フィウミチーノ空港(別名レオナルド・ダヴィンチ空港)とミラノ・マルペンサ空港に申請窓口があります。日本の場合は成田空港、関西国際空港内にカウンターがあるので、いずれかの空港内カウンターで税金還付手続きをすれば忘れることもないでしょう。

ローマ・フィウミチーノ空港とミラノ・マルペンサ空港の税関とタックスフリー・カウンターの地図は「空港の免税払い戻しページ」を参照してください。

クチコミ情報
イタリアでの免税率と還付金の注意点
  • ショッピング最低購入金額=154.94ユーロ
  • 最高払い戻し率(タックスフリー):2%〜14.5%
  • IVA(付加価値税)は靴・衣料品・生地製品に20%、食料品に10%、特殊食料品4%課税。1店舗での買い物が税金込みの店頭表示価格で154.94ユーロ以上の場合は免税手続き可能。購入日より3ヶ月以内に申請。
  • 申請対象品は未使用であることが条件です。購入時の梱包やシールははがさない方が無難です。はがす場合もきれいにね!


税関手続きを忘れずに!


Tax Free EXPORT STAMP

イタリアはEU加盟国です。イタリア国内のお店で発行してもらったグローバル・リファンド・チェックは、帰国時にEU加盟国圏内の最後の税関で免税手続きをしなければ、タックス・リファンド(還付金)を受け取ることができません。直行便であればイタリア国内の空港内、ヨーロッパ経由便であればヨーロッパ最後の国で輸出証明スタンプを押してもらいます。

税関での手続きが終了するまでは、手続きに必要なものは必ず携帯するようにしましょう。

出国の際に、税関でパスポートと以下のものを提示して、必ず税関のスタンプを受けてください!(スタンプがないとお金が戻ってきません!!!)

  1. グローバル・リファンド・チェック
  2. 購入品(未使用)
  3. 購入品のレシート
  4. 搭乗券または航空券

*通常はレシートは申請に必要ありませんが、稀に必要な場合があります。手続きが完了するまではきちんと保管しましょう。


リファンドの申請(払い戻し手続き)


Tax Free Cash Refund

Tax Free Cash Refund

税関手続きをした後は、リファウンド(払い戻し)申請をする必要があります。この手続きを完了すると免税分のお金が戻ってきます。通常は空港内にあるグローバル・リファンドのカウンターに書類を提出すると現金が戻ってきます。受け取り方法は現金以外でも可能ですし、グローバル・リファンドのカウンター(Cash Refund Office)がない場合は帰国後に申請することになります。

受け取り方法:現金(キャッシュ)の場合

  • グローバル・リファンドのカウンターで申請します。キャッシュ・リファンド可能な書類であれば、その場でリファンド(払戻金)を受け取ることができます。
  • リファンドを受け取る際の通貨は、ご利用カウンターごとに異なります。(例えばローマ空港の場合は、ユーロ還元カウンターと円還元カウンターの2つに分かれていて、そこに並びます)
  • 日本のカウンター利用の場合は、日本円で支払われます。レートは三井住友銀行の円買いレート(外貨→日本円)です。日本には成田空港と関空にカウンターがあります。

クレジットカード口座への振込みの場合

  • クレジットカード番号を書類に記入の上、申請します。指定カード番号の口座にリファンドが振り込まれます。
  • 約5%の為替手数料がかかります。
  • カード番号を間違えると当然、払戻金は受けられません。はっきりと書きましょう。
  • 書類を受理してから5週間でお支払い手続きが完了します。カード会社からの明細書に反映されるのは、2-3ヵ月後。
  • リファンドは明細書にマイナス表示されます。

銀行小切手を自宅へ郵送の場合

  • 申請の際、氏名、住所(郵便番号を含む)を必ずローマ字で、正確にはっきりと書きましょう。
  • 三井住友銀行本店発行の日本円建て小切手で、リファンド(払い戻し金)が支払われます。
  • カード番号を間違えると当然、払戻金は受けられません。はっきりと書きましょう。
  • 小切手は、口座を持っている銀行または、三井住友銀行本店で換金できます。

指定銀行口座へのお振込みの場合

  • 日本に帰着後、成田または関空にあるグローバル・リファンドのカウンターまたはグローバル・リファンドの日本事務所に郵送または直接持って行き、申請することができます。。
  • 郵送希望の場合は、パスポートのコピー(本人を確認できるページ)、リファンド・チェック、レシート、本人名義の銀行口座、日中に連絡できる電話番号とパスポートの顔写真ページのコピーをあわせて、グローバル・リファンド・ジャパン株式会社宛に郵送します。
  • カード番号を間違えると当然、払戻金は受けられません。はっきりと書きましょう。
  • 書類を受理してから5週間でお支払い手続きが完了します。カード会社からの明細書に反映されるのは、2-3ヵ月後。
  • リファンドは明細書にマイナス表示されます。
クチコミ情報
払い戻し手続きの注意点
  • タックスフリーの業者は数社あります(こちら参照)。空港では、その各社専用のカウンターに並ぶ必要があります。免税書類から社名やロゴを再確認しましょう。まちがった列に並ぶと、時間の無駄ですよ!
  • 所定の封筒を利用して、イタリア空港内のポスト(グローバル・リファンドのロゴマーク付きのポスト)から投函して申請する方法もありますが、イタリアの郵便事情はとても悪く、紛失することが多いです。紛失した場合は当然、税金還付金は受けられません。避けた方がいいでしょう。
  • 小切手などの換金には手数料がかかってあまり得をしません。出発国で換金できない場合は、日本の空港内(成田もしくは関空)のグローバル・リファンドのカウンターで払戻しすることをお勧めします。その場合も免税書類に出発国(EU最後の国)のスタンプが必ず必要となります!




Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM